健康で長生きするためには、しっかりと断熱された住宅で暮らすことが重要?!

家庭内事故で亡くなる方は交通事故の2倍?!家庭内事故で亡くなる方は交通事故の2倍?!

これはヒートショックという家庭内事故にものによるものなんですが、リフォームをする上ではヒートショック(家庭内事故)対策も重要になります!

家庭内事故で亡くなられる方は交通事故で亡くなられる方の約2倍と言いましたがその原因のほとんどがヒートショックによるものです。

ヒートショックとは...ヒートショックとは、一般に寒冷や著しい温度差により大きな血圧変動が生じ、身体に大きな負担がかかった状態をさし、家庭内では、熱い湯に入る冬季の入浴中に起きやすい傾向にあります。

ヒートショックの恐怖家庭内でヒートショックにより亡くなる人(入浴死)の人数

ヒートショックによって入浴死する人は年間14,000人と言われています。これは、交通事故で死亡するする人を上回る数です。また、家庭内で死亡する人の3分の1はヒートショックによるものです。日本では75歳以上の高齢者の溺死率が、欧米の10倍という高率であることからみても、ヒートショックが日本で特に多く起こっていることがわかります。

ヒートショックを防ぐには温度差による入浴時の負担比較

ヒートショックを防ぐには、服を脱ぐ部屋、つまりトイレ・洗面・お風呂と暖かい部屋との温度差をなくすことが重要です。暖かい部屋から廊下に出た時にも温度差はありますがの場合は服を着ているため、服を脱いでいる時に比べて大きくヒートショックのリスクが減ります。服を脱いでいる状態では、冷えきった壁、床からの冷輻射により体の熱が奪われてしまい、ヒートショックの危険性が高まります。

危険度の高いお風呂・洗面・トイレでのヒートショックの危険性を減らすことが重要です。それには、断熱性能を高めることが必要となり、断熱性能が高ければ熱が逃げにくいため、服を脱いだ際に急激な温度変化を起こすことがなく、ヒートショックの危険性は低くなります。

お電話でのお問合せについては9:00~19:00(お盆・年末年始)0120-765-330