今、重要視されている家の「断熱基準」って一体なんだろう??

  • 今のお住まい、冬の朝起きた時とか台所とかお部屋の中って寒くないですか?
    現状、日本の住宅に求められるものが大きく変わってきています。
    これまでは、耐震性などの安全を重要視した性能が必要とされていましたが、多くの建物の耐震性は耐震改修などにより改善しており、次のステップとして住宅の省エネルギー化がクローズアップされています。新築住宅に目を向けてみますと、実は2020年には高断熱の義務化が控えており、それ以降には断熱性能の悪い家は建てられなくなることが決まっているのです。更に、その後の方針も緻密に決定しており、これから家づくりをする場合には、エネルギー消費量が少ない家、つまり断熱性能が高い家でないと建てれなくなることが決定しています。
    これまで、日本にはエネルギーに着目した家づくりの基準はありませんでしたので、家の断熱性能と聞くと「??」となるのではないでしょうか?
    しかし、最近の研究で、家の断熱性能と健康には相関関係があることが判明してきたことにより、高齢者社会においての医療費削減という観点から、住宅の断熱性能は非常に重要な性能と位置づけられています。
  • 今、重要視されている家の「断熱基準」って一体なんだろう??
    断熱性能
    約95%の住宅は断熱が不十分な寒くて暑い家
    これまで「断熱」が家づくりにおいて重要視させていなかったので、冬寒くて、夏暑いことが当たり前になってしまっている。
    断熱されていないことが当たり前になっているので多くの人達が、我慢することに慣れてしまっている。

お電話でのお問合せについては9:00~19:00(お盆・年末年始)0120-765-330